ヒッコリーゴルフパターの選び方

ヒッコリーパターのメリットは、ストロークとボールの重さをヒッコリーシャフトを通して指で感じることができるという点です。慣れるまでに少々時間がかかりますが、パターの改善に役立ちます。パターでも他のショットでも、ヒッコリーゴルファーはクラブのシャフトから伝わるストロークの感覚に心酔わせるものなのです。

すべてのパターは「ゴルフをプレーするために」作られおり、クラブメーカーはパターの成功率を上げるために、感覚が正確に伝わるバランスの取れたパターを製作しているのです。クラブメーカーは、ボビー・ジョーンズやヘンリー・コットン、ジーン・サラゼンといった偉大なゴルファーたちが、ジョージ・ニコルやトム・スチュワートのクラブ製作を依頼するためにセントアンドリュースを訪れた頃、約100年前と変わらぬ気持ちで今日もクラブ製作に向き合っています。

では早速、ヒッコリーゴルフパターを購入する時に考慮すべき点を見ていきましょう。

プレー用?ディスプレイ用?それとも両方?

パターは技術的というよりは芸術的なものです。最も大切なことは、自信を持つことです。最先端技術とか、どれだけ金額を注ぎ込んだかなど、そんなことはまったく関係ありません。数々の偉大なゴルファーたちは、「忘れられていた」古いパターを頼みにメジャー大会で優勝を目指しました。

パターは、手に馴染むこと、予想軌道を正確に読めることが重要です。

ヒッコリーパターの場合は、1) パターヘッドはスチールかウッドか、2) 長さ、3) 刻印を施してカスタマイズするか、4) ギフト用の場合は、どのようなラッピングにしたいか、5) ゴルフにもディスプレイにも使いたい場合は、多少の出費は我慢して良い物にすることなどを考慮する必要があります。

ステップ1:ヘッドはスチールかウッドか?

スチールヘッドは1900年代初期に製作されていました。ブレード型のパターで、現代のデザインと似ています。最も有名なブレードパターは、ジョージ・ニコルのGEMやNAP、Zenithなどのパターです。

「マレット・ヘッド」と呼ばれるウッドヘッドのパターは1800年代後半に製作されました。セントアンドリュースのゴルファーの多くは、スチールヘッドのパターが販売されるようになってからもウッドヘッドのパターを好んで使用しています。

さて、どうやって決めますか?ゴルファーの多くは愛用パターを持っており、自分好みのデザインを把握しています。自分の好みがはっきりしている方は、写真でデザインやブレードの形、フランジ、重量配分を確認して決めることができます。好みがはっきりしていない方は、弊社ショップで試し打ちをしてからお選びいただけます。

ステップ2:長さは?

ほとんどのパターは33、34、35インチの長さで販売されています。日本で最もポピュラーなサイズは34インチです。長さについては、現在ご使用中のパターの長さを計って決めれば良いので簡単です。

パターの多くは右利き、左利きに対応したものが販売されています。

ステップ3:カスタマイズするか?

お名前かメッセージをヒッコリーシャフトに刻印することができます。刻印には、英語のA~Zまたは数字の1~9を使用できます。クラブ1本につき 3,000円の追加料金がかかり、最大文字数は20文字となっております。ウッドヘッドクラブの場合は、ご自分のお名前、ロゴまたはデザインを真鍮ソールプレートにレーザー刻印することができます。ご希望の刻印デザインをJPEG形式の画像ファイルとしてお送りいただく必要がございます。

ウッドヘッドパターは、ご希望の色やデザインまたは企業カラーにハンドペイントすることも可能です。 弊社ではハンドペイントのタータンパターやグラフィティパターを数多く手がけてきました。料金については、弊社ショップのハンドペイントパターをご参照ください。

ステップ4:ギフトや賞品用のラッピングが必要か?

パターは1本ずつCuthbert&Coのオリジナル化粧箱に包装されています。紺色の頑丈な箱で、内側にはスコティッシュ・ジュート(麻布)が敷き詰められています。すべてのパターには、セントアンドリュースの工場で製作されたことを証明する発行の実物証明書も添付されています。

ウッドヘッドクラブには、ウッドヘッドを保護するスコティッシュ・タータンのパターカバーも付属します。ご注文時に、箱の中に入れるメッセージカードも承ることができます。

ステップ5:ディスプレイとしても使用するか?

ゴルファーの多くは、ヒッコリーパターをゴルフに使用することはもちろん、自宅やオフィスに飾っています。弊社では縦置きまたは横置きの1本用ディスプレイスタンド、2、3、4、6、14本用の縦置きディスプレイ壁掛け台を取り扱っております。壁掛け台はすべて、メッセージをレーザー刻印可能な真鍮プレートでカスタマイズすることができます。ご希望の刻印デザインをJPEG形式の画像ファイルとしてお送りいただく必要がございます。追加料金はスタンド1台につき 5,000円です。

QE2やアントラー、ヘザージェム等のより高額なウッドヘッドクラブは、魅力的で、ゴルフにもディスプレイにも最適です。弊社ショップの「マスターズ」コーナーにある、より古い時代のクラブは、ゴルフで使用するよりもディスプレイに向いています。1800年代のクラブとフェザーボールでプレーする愛好家もいらっしゃいますが、プレーよりも鑑賞する方が良いと考えるゴルファーが大半です。

 

ヒッコリーゴルフクラブを飾る

世界の多くのゴルファーは、お気に入りのゴルフクラブを収集して飾ることを楽しんでいます。それぞれのクラブにはストーリーがあります-例えば、ラットアイアンは、コース上の馬車のわだちからボールを打ち出すために発明されました-クラブはゴルフの歴史と進化も物語るのです。

ゴルフクラブやホテル、レストランでも、ゲストを喜ばせるための雰囲気作りとしてヴィンテージのゴルフクラブやゴルフ用品を飾っています。

ヴィンテージゴルフクラブのディスプレイを検討する際に最初に考えなければならないことは、古い本物のクラブを飾るのか、または完全再生されたオーセンティックモダンのクラブを飾るのか、という点です。1800年代の本物のクラブを飾る場合は、1) 貴重なので入手困難であること、2) 高額なこと、3) 博物館のような密封式ケースでの保管が望ましいことなどを認識しておくことが必要です。

公共の場所に飾る場合はオーセンティックモダンのクラブの方が無難です。姿形も感触も本物とまったく変わらない上に、ケースに入れる必要もなく、実際に触れていただけるからです。

セントアンドリュース・ゴルフ・カンパニーのクラブ製作技術者たちは、1800年代と同じ材料、道具、技術を用いて1800年代の有名ゴルフクラブを完全再生し、「マスターズ」コレクションとして蘇らせています。これらのクラブは自宅やオフィス、ゴルフクラブハウス、ホテル、レストランなどでのディスプレイに最適です。

ご自分のコレクションへの追加や投資目的で1800年代の本物のクラブをお探しの場合は弊社にご連絡ください。探すことから、実物証明、価値評価、ご購入に至るまで、お手伝いさせていただきます。ただし、これらのクラブは多くは残っておらず、お気に召すクラブが見つかるまでには時間がかかることをご承知置きください。

弊社が提供しているオーセンティックモダンクラブはすべてカスタマイズ(上記ステップ3参照)可能で、ディスプレイスタンドには刻印入り真鍮プレート(ステップ5参照)も追加可能です。

ここまで、ヒッコリーパターの選び方について簡単な説明をさせていただきました。ご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。hickorygolf@cuthbert.co.jp

ヒッコリーパターをお買い求めになりたい方はThe Hickory Golf Shopをご覧ください。
ヒッコリーゴルフとファッションに関する記事をお読みになりたい方は facebook からご覧になれます。 ヒッコリーゴルフイベントの写真は ギャラリー からご覧になれます。